サンプル画像


サンプル画像

    享保年間(1700年代前半)、絶対的君主に近かったと言われる江戸幕府第八代将軍徳川吉宗公。享保の改革という倹約・緊縮財政で徹底した管理体制が敷かれ、祭礼式典の簡素化や花街や芝居などの規制をし、庶民の生活よりも幕藩体制の財政再建や立て直しを最優先にした結果、日本各地で飢饉と重税による一揆が続発しました。 当時のほとんどの大名や旗本が幕閣が主導する倹約・緊縮財政に追従していた中、ただ一人、幕閣の政策と反対の政策、積極経済政策をとった大名がいます。それが御三家筆頭尾張藩七代藩主徳川宗春公でありました。
    徳川宗春公は大きな愛情と広い寛容な心を大切にする仁徳の政治を行い、芸どころ名古屋、職人の街名古屋、特産物にあふれた尾張藩を築いた人物です。先見の明があり、経済通で情報通。お洒落好きで文化を愛し、庶民を理解して命を大切にし、人間性の解放を謳い、大きな愛と広い心で明るく威風堂々としていた大名は他には見当たりません。 彼の想いこそ今の時代に必要なもの、心ある方々に徳川宗春の事を知っていただき、彼の想いを実践していただければ幸いです。


徳川宗春 TOP 徳川宗春 Q&A 温知政要 生涯 温知政要 21ヶ条 徳川宗春 ゆかりの地





署名活動のお願い


宗春公は近年の研究により今までの宗春像とは大きく異なっていたことが判明しました。 実際の宗春公は、政治は大きな愛情と、広い寛容な心で行うものだと宣言し、庶民が心身ともに喜ぶこと最 優先させました。芸事を奨励し、規制緩和を行い民間の活力を高める政治を行った結果、名古屋は空前絶後 の繁栄を見せました。職人の町、芸どころの町、特産物にあふれた尾張名古屋の基礎を築いたのです。先見 の明があり、経済通で情報通。お洒落好きで文化を愛し、庶民を理解して命を大切にし、人間性の解放を謳 い、大きな愛と広い心で明るく威風堂々としていた大名だと言われています。

宗春公を広め「尾張七代藩主 徳川宗春公をNHK大河ドラマに誘致する会」を立ち上げ、署名活動を開始致しました。時代を先に見て政策を行ってきた徳川宗春公に学び、日本を元気に導いていくためには、宗春公を広く伝えるためのNHK大河ドラマは必要不可欠であると考えております。 お忙しいこととは存じますが、一人でも多くの方より署名を頂いていただけますよう、ご協力お願い申し上げます。署名書類は、コピーしてお使いくださいませ。 皆様のお力をお借りし、さらに宗春公を広めてまいります。宜しくお願い致します。


こちらから署名用紙をダウンロードできます


Copyright (C) 宗春ロマン隊. All Rights Reserved.

ホームページテンプレートのpondt

inserted by FC2 system